自分で気付きにくいニオイの落とし穴

夏の気になるニオイ!自分で気付きにくいニオイの落とし穴

 

 

体臭以外にも、自分では気付きにくいニオイは沢山ありますし、良いニオイでも時と場合によってはNGになることも。そんなニオイの落とし穴に注目してみましょう。

 

革のベルトや靴に注意!

 

メンテナンスを怠ってしまうと、革のベルトや靴は変色してしまうことがあります。この変色の原因というのはカビなんです。変色を見つけたら、すぐに対策することが大切です。抗カビ効果のある消臭剤で拭くなどでOKです。本革の靴やベルトは、合皮よりもムレにくいですから、きちんとお手入れをして長く使ってあげましょう。

 

 

香水に注意!


香水をたくさんつけるのはNGです。自分では良いニオイのつもりでも、他の人には不快に感じてしまうことも…。食事に出かける際には特に注意が必要です。和食の場合、繊細な味と香りを楽しみますから、強すぎる香りがあると、邪魔になってしまうんですね。
つけた後に気付いたのであれば、アルコールを含んだおしぼりで拭きとったり、アルコールの消毒液をつけるなどをしてニオイを軽減させましょう。
服に付いた香りが気になる時も、布やおしぼりにアルコール消毒液をふくませてトントンと叩くと、ニオイが薄くなりますよ。

 

 

紫外線対策の帽子やストールなどに注意!

自分で気付きにくいニオイの落とし穴

髪や肌に直接触れる帽子やストール。汗をたくさん吸っているために、毎日使い続けるのはニオイを発生させてしまうことに。毎日同じものは使わずに、濡れタオルで拭いたり、こまめに洗うなどをしてキレイにしておくことが大切です。

 

 

柔軟剤に注意!

服から香る柔軟剤も、湿度の高い日には強くニオイを放つことが…。密室になるエレベーターや電車で、自分がニオイの発生源になってしまうことも!柔軟剤を使いすぎないことも大切ですが、お天気の悪い日には柔軟剤を無効タイプのものにするのも良いでしょう。服についた柔軟剤の香りが気になる時には、お湯で洗って天日干しするとニオイがなくなりますよ。